9月2013

民間銀行設立、金融サービス普及の奨励。中国人民銀行総裁

生活

 中国の中央銀行である中国人民銀行の周小川総裁が、先ごろ雑誌の寄稿文にて、「包括的金融の発展を推進し、現代金融サービスをより多くの人々、および経済・社会発展の発展の脆弱な部分に貢献させる」と伝えている。

さらに「これは、現在の安定成長・雇用確保・構造調整・改革促進の全体計画、および社会の公平・正義の促進に資するものであり、積極的かつ現実的な意義を持つ」とした。



包括的金融ということ自体は、2005年に国連によって提唱されたもの。

金融インフラの整備により、金融サービスを許容可能な費用により、発展途上の地域及び低所得層に提供し、リーズナブルかつ利便性の高い金融サービスを提供し、金融サービスの普及率の上昇を促すものである。



さて、中国人民銀行と金融機関は、いかに世界の経験を参考にし、包括的金融発展を促すかについて検討するとしている。

国民生活に関する金融の優先を貫き、金融革新を奨励し、政策支援システムを構築し、多くの人々に金融改革と発展の成果を普及するとしている。



これまで、中国において民間金融はすこぶる遅れていたといいざるを得ない。

人民の多くの預金は、四大金融機関(中国農業銀行・中国工商銀行・中国建設銀行・中国銀行)に集中していたが、融資を受けられるのは国有企業ならびに国有企業関連事業のみであった。

中国のGDP比でいえば、その6割経済を支える民間企業への融資は、直接金融や非正規金融の利用しか出来ないのが実情である。直接金融の場合、上場する超大型国有系企業と比べ見劣りする民間企業に勝ち目はなさそうである。

他方、非正規金融の場合、高利貸しを利用するような状況となり、与信管理ノウハウのない非正規金融サービス会社や出資者ともに悲惨な結果に陥ることも多い。健全な民間銀行設立や金融サービスの奨励は何よりである。



さて寄稿文の続きである。中国共産党第18回全人代によって、民間金融機関の発展ならびに計画、及び中国国務院による経済構造調整・零細企業発展の支援に関する意見を貫徹し、民間資本による民間銀行の設立を支持し、ミクロ金融を立脚点とする市場地位を確立させる。預金保険制度の制定を促進し、小規模金融機関が大型金融機関と公平に競争できる環境を創造する。小額貸付会社、

質屋業、金融保険会社などの、融資機能を持つ非金融機関の模範的な発展を促すと。大いに期待して注視したいところである。