民も官も有機志向

生活

 最近中国でも健康志向が目立ち、有機野菜、無着色など、食品メーカーも日進月歩で上質な食材を製造している。民間のみならず、Exileや倉木麻衣、その他韓流スター等のコンサート共演で有名な国際オリンピック競技場、通称「鳥の巣」内にあるレストラン「Yuan Ding Yuan」でも有機野菜を用いている。国民を支える多くの高官がこのレストランを利用することから、政府内でも有機野菜の重要性を示していることがわかる。

 全ての食材はレストラン理事長であり、中国有機野菜の父と言われる朱健理事長が所有する土地での自家栽培である。野菜そのものも美味と評判高いが、その新鮮な野菜を熟したスープ・タレが全ての料理を引き立たせている。健康と味、両方摂れる「Yuan Ding Yuan」だが、国家所有の代表である場所内部に設置されているため、入るのには敷居が高く、色々な条件があるとのこと。

 しかし朱理事長は言う、「日本とはビジネス的な付き合いも長く、友人も沢山いる。これからもより多くの友好の場として活用できるよう考えていきたい」



宮尾 卓志

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

« »